広島相続サポートセンター 良和ハウストップよくあるご質問 > Q12・よくあるご質問

よくあるご質問

Q12

相続税がかなりかかると言われています。生命保険には加入していませんが加入しておくべきでしょうか?

A

相続税がかかる方であれば、生命保険の非課税枠を上手に活用することで相続税を軽減させることができます。

生命保険の非課税枠は、<500万円×法定相続人の数>です。具体例を見てみましょう。

相続人が妻と子供3人の計4人だった場合、現状の財産が3億円だとすると、予想される相続税は2,000万円です(相続人が法定相続分通りに相続した場合の概算)。

この方が生前に非課税枠2,000万円(500万円×4人)一杯で生命保険に加入し、保険料も2,000万円支払っていた場合を想定してみます。相続財産は支払った保険料分だけ減りますので2億8,000万円(3億円−2,000万円)、また、遺族が受取る死亡保険金2,000万円には税金が一切かかりませんので、結局財産総額は3億円のままです。

相続税は2億8,000万円に対してかかりますから、1,725万円。最終的に、遺族の元に残る財産は2億8,275万円(3億円−1,725万円)となります。生命保険未加入の場合と比べると、275万円の得ということです。実際は、死亡保険金額2,000万円の保険に加入する場合でも保険料はもっと少額で済むケースが大半ですから、更にメリットは大きくなると考えられます。

  現状 生命保険に加入した場合
不動産 2億円 2億円  
現金 1億円 8,000万円 △2,000万円
生命保険金 0 2,000万円 2,000万円
財産合計 3億円 3億円  
非課税額 0 2,000万円 △2,000万円
相続税対象額 3億円 2億8,000万円 2,000万円
相続税納付額 2,000万円 1,725万円 275万円
最終相続財産 2億8,000万円 2億8,275万円 275万円

疑問は解決しましたか?必要な対策は個別に違いますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

相続に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に

よくあるご質問 トップへ戻る

TOP